ならまち銭湯3 新花園温泉

9/29 銭湯ジュース考開催前にならまちの銭湯をご紹介。
今回は花園新温泉。

花園新温泉は古白から徒歩3分。最も近い人情味あふれる銭湯です。


近隣には古白のほか、スーパー、ビッグナラがあります。
入浴後にビッグナラでお買い物をして帰る常連さんも少なくありません。

趣のある玄関から暖簾をくぐると、すりガラスに「ミネラル温浴泉」の表示が。
おなじみの傘用ロッカーもありました。





新花園温泉は昭和39年、先代が石川県から奈良に出てこられて銭湯を引き継がれました。
当初の建物から改装して現在の姿になります。脱衣所の体重計や扇風機は創業時のものだそうです。

ちなみに銭湯好きの間では有名ですが、銭湯の創業者は圧倒的に石川県出身者が多い。
農家の次男や三男が、家を継げない為に関西に出て、銭湯で働き生計を立てていたことに始まります。掃除はもちろんのこと、お湯炊きや下足番(履物の出し入れを管理する人)をして独立すべく銭湯修行を積み重ねたようです。

独立が許されると、店の大将が保証人になり新しい銭湯を開業し、そうしてまた同じ同郷の次男三男が同郷の店主を頼って銭湯に働きにくる。この繰り返しで同郷の出身者が多くなったのでしょう。

銭湯の経営者にお話を聞くと、朝から夜遅くまで働かれていて驚くことがあります。
石川県の方は働き者なのかもしれませんね。


創業当初の建物にそっくりな銭湯のプラモデル
玄関には魚が泳ぐ小さスペースがあったらしい

創業当時の体重計 重さの単位に注目 

創業当初の扇風機

花園新温泉は天然温泉ではありませんが、ミネラルを含んだ薬石を使用しているミネラル温泉です。湯冷めしにくくポカポカです。







薬風呂もあり浴室も勿論良いのですが、花園新温泉の真骨頂は脱衣場にあります。

一見すると普通の脱衣場 常連さんのお風呂セットが並んでいます。

実は脱衣所に入った時から気づいていたのですが、扉を閉めるとき、ロッカーの扉を閉めるとき、何か音を立てたときに間髪入れずにどこからか音が返ってくるんのです。

なにか視線を感じるなーと振り返ると、いました。ちょこんと座ったワンチャン。

前傾姿勢なのがたまらない 

このワンチャン、ただのぬいぐるみではありません。何か音がすると手をバダつかせ、その音を瞬時におうむ返ししてくれるんです。なんともたまらないギミック。
私も童心に返って必死に話しかけてしまいました。

そしてもちろんこれだけでは終わりません。他にも様々な一芸を持った仲間たちがいるのです。


ネコチャンは音楽とともに軽快に踊ります。お洋服は、「裸だとかわいそう。」と常連さんが作って着せてあげたそうです。他にも滑らかな腰つきで踊るキティさん。流暢に会話ができるパンダがいます。

ちなみに販売もしています。

絶妙なお値段
極め付けはなんと、カラオケがあります。
カラオケが好きだった大将がお客さんに楽しんでもらうために導入したそうです。
演歌に強いラインナップ。是非入浴後に一曲どうぞ。

カラオケの機械に乗るファンシーな仲間と大黒天


番台のおばちゃんには銭湯のことや仲間たちについて笑顔で教えてくださいました。
銭湯がただ入浴する施設だけではなく、地元の方との交流もある温かな場所なのだと実感。本当に身も心も癒されます。是非花園新温泉へ。

最後にフルーツ牛乳をいただいて帰りました。

牛乳の種類が豊富でうれしい

花園新温泉
〒630-8328 奈良市花園町13
TEL : 0742-24-0319
営業時間 11:30 - 23:30
定休日 火曜日
駐車場 あり(5台)

9/29 銭湯ジュース考開催予定

コメント

人気の投稿